ホーム >> Eurofins 学術セミナー アーカイブ

Eurofins 学術セミナー アーカイブ

Sidebar Image

海外や国内における遺伝学的検査に関連する情報を提供するため、毎年冬季に学術セミナーを開催しております。

 

 

第4回

(2019年開催予定)

参加申し込みや詳細情報は特別ページをご確認下さい

海外と国内の遺伝医療と検査 課題と展望
~着床前と出生前~

座長 徳島大学 大学院医歯薬学研究部長
          苛原 稔 先生

1. オーストラリアにおけるPGTの最新知見
    Dr Kathryn Gebhardt
    Market Development Manager (APAC) - Genomics
    Vitrolife Sweden AB

2. 慢性子宮内膜炎の子宮鏡検査所見、CD138免疫染色
   (McQueen法、Liu法)による評価、子宮内フローラ検査などの
    子宮内環境について
      札幌医科大学 産婦人科学講座
      遠藤 俊明 先生

3. NIPT結果が判定保留の症例について
      横浜市立大学附属病院 遺伝診療科
      講師 浜之上 はるか 先生

4. ゲノム医療時代における遺伝カウンセリングの課題
      お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科
      教授 三宅 秀彦 先生

※演題は変更となる可能性があります

 

 

第3回

(2018年開催)

NIPTと新しい出生前検査 最新の話題
--- 日本と海外の状況 ---

座長 昭和大学医学部産婦人科学講座
         教授 関沢 明彦 先生

1. QPCR-NIPT開発と欧州でのNIPTと周辺検査の状況
      Dr. Michael Lutz, CEO Eurofins LifeCodexx, Germany

2.オランダにおけるNIPT(TRIDENT2 STUDY)の現状と他の出生前検査
      Lieve Page-Christiaens,MD, PhD
      Associate Medical Director EMEA
      Reproductive Genetic Health Clinical Genomic Group

3. 網羅的な遺伝学的検査における遺伝カウンセリング
      東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 人材育成部門
      遺伝子診療支援・遺伝カウンセリング分野
      教授 川目 裕 先生

4. NIPT研究の結果と今後の課題
      東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座
      准教授 佐村 修 先生

 

 

第2回

(2017年開催)

出生前遺伝学的検査周辺の最新の話題

1. Genomics in Reproductive Medicine
      Dr Tristan Hardy, University of New South Wales, 
      Women’s and Children’s Hospital, Adelaide, 
      STREAM  (STimulation Resulting in Embryonic Aneuploidy using Menopur) 
      trial study

2. 卵母細胞における染色体分配エラーの原因
      理化学研究所 多細胞システム形成研究センター 染色体分配研究チーム
      チームリーダー 北島 智也 先生

3. エクソームデータを活用した小児の先天性疾患ゲノム解析
      徳島大学 大学院医歯薬学研究部 人類遺伝学分野
      教授 井本 逸勢 先生

4. 欧米と日本でのNIPTの現状と今後の展開
      兵庫医科大学 産婦人科学講座
      教授 澤井 英明 先生

 

 

第1回

(2016年開催)

出生前遺伝学的検査周辺の最新の話題

1. Improving IVF Outcomes with Next Generation PGS
      Eileen Tan, Market Development Manager
      APAC Reproductive and Genetic Health, Illumina, Inc.

2. 北海道におけるPGD:近況と実例
      札幌医科大学 産婦人科学講座
      遠藤 俊明 先生

3. 小児における染色体疾患の解析 -NGSでの新知見
      藤田保健衛生大学 総合医科学研究所
      分子遺伝学研究部門
      教授 倉橋 浩樹 先生

4. フランスにおけるNIPTの状況とeurofins Biomnisでの検査について
    Clémence Wertz, Marketing executive, eurofins Biomnis

5. 日本でのNIPT研究の現状と課題
      昭和大学医学部 産婦人科学講座
      教授 関沢 明彦 先生

 

▲ページ先頭へ戻る